吉井 りょうすけ
AUTHOR

吉井 りょうすけ

経営コンサルタント。上場企業から、一人で仕事をするフリーランス、これからビジネスを作る起業家まで、さまざまな規模のビジネスをサポートする。ビジネスモデルづくり、ブランディングなど、「戦略設計」のプロフェッショナル。

ビジネスをデザインしよう。

おもしろいんだけど、面倒な話です。 事業をよくする時に、「売り方かえよう」というスタンスだと、あまりうまく行きません。 そもそも事業は「どんな事業・ビジネスをするか」で、成否の多くが決まっています。どんな価値を提供するかが、鍵です。事業のコンセプトとか。 ここで多くの人が間違えるのが、売り手がおもしろい(提供したい)と思うものと、お客さんがおもしろい(買いたい)と思うものを混同することでしょうか。 以前、3Dテレビが売れなかったように、売り手の視点(技術視 […]

月末に、北海道へ行った話①

2022年12月に、北海道に行ってきた。プライベートな旅行で、今年はどこかのタイミングで、娘に飛行機に乗る体験をさせたいと思っていたからだ。 本当は夏に沖縄に行きたかったのだけど、僕と妻の仕事の関係で難しく、それが12月の北海道にスライドしたのだ。 そういえば夏には東京都の神津島に出かけて大型客船や高速ジェット船を体験したから、2022年、僕はずっと「新しい乗り物を、子供たちに経験させたい」と思ってきたのかもしれない。自分で内観しても、どうしてそういう欲求 […]

経営者の意識の成長/ティール経営

ティール経営は、経営者が内面と向き合いながら、想いを込めた素敵なビジネスを作る経営方法です。意識の成長は、経営の力を土台から高めますが、僕は、テクニカルな問題解決の意味合いでも重要だと考えます。 たとえば、定期的にスタッフさんに振り回されていた経営者さん。視点を「スタッフさん」から「自分の内面」に向けて課題解決(カウンセリング)を行うと、同じ問題が起こらなくなりました。問題の方が消えます。 業界の低価格化に巻き込まれて、利益率が圧迫されていた方。お金との関 […]

コトラーの「マーケティング・マネジメント」購入

学生の頃、「本は、高い」と思いながら買いました。 大学の教授は、自分の本を売るために講義しているんじゃないかと疑ったものです。それが、仕事を始めると「印刷費用」のことを理解して、「本は、安い」と思うようになりました。 年末に久しぶりに検索をしたら、コトラーの「マーケティング・マネジメント」の新版が出ていたので、購入しました。800ページ近くあって、フルカラーで、文字小さくて、9000円で購入できます。 個人で印刷をしたら、印刷費用だけでもっとかかることを考 […]

イノベーションの大切さ

新しいことへのチャレンジ。どのくらいやってますか? 業界によって割合に差はあるのですが、(たとえば、IT業界とお菓子業界は、必要な比率が違います。新しいことが次々生まれる業界と、そうでない業界の差があります)でもどの業界でも、新しいことに取り組むことが「不要である」ことはありません。 考える時の枠組みとしては、・既存の事業・既存の事業の延長でできること・既存の事業とは関連のない、新しいこと の3つで考えます。それぞれをちゃんと割り振る。 その中で、業界を問 […]

温泉の外に、温泉の価値はある?

11月の頭の出張で入った温泉が気持ちよかったので、今日、近所の温泉に初めて行ってきた。新潟の温泉とは違うけど、それなりによかった。それなりによかったけれど、何か足らない。なんだこの気持ち。 この気持ち、東京ドームシティのラクーアに行った時と同じかもしれない。気持ちよくて楽しくて、お風呂上がりに飲むビールは最高だけど、なんか最高じゃない。 また行くんです。近くて助かりますし。温泉は気持ちがいいですから。でも不思議です。 いろいろ考えてみて思ったのは、この変な […]

アイドルの、つくりかた?

娘がYouTubeで活躍するアイドルのファンになりました。僕は興味津々で、いろんな質問を。 僕「どこで見つけたの?」娘「たまたまおすすめに出た」僕「他のユーチューバーには、こんなにファンにならなかったのに、今回は何で?」娘「だってかわいいし、かっこいいし」僕「他にもそういうユーチューバーさんいない?」娘「歌うたってるから」僕「じゃあ、パパも歌うたえばファンになってくれる?」娘「それはない」 いろいろ聞いて思ったのは、「最初の設定」が重要だということです。 […]

夕食を作りながら、考えた無意識の話。

娘と、明日の夕食のためにけんちん汁を作りました。僕の作るけんちん汁は、味噌仕立てです。一般の料理の本に載っているレシピとは、違うかもしれません。 子供の頃、母が作ってくれたのが味噌仕立てのけんちん汁で、僕はそれが好きで、冬になると作ります。 母をとり立てて意識するわけではないのですが、僕が今でも料理をしたり、掃除をしたり、洗濯をしたりするのは、きっと母の姿を覚えていて、その姿をかっこいいと思ったからです。無意識の記憶が、確かに影響している。 僕たちには、意 […]

人間国宝さんの、豊かな用途。

焼き物が好きで、学生の頃から色々な和食器を買っています。ひとつだけですけど、20代の頃無理して、人間国宝さんの湯呑みを買いました。 その湯呑みを眺めながら思うんですけど、 人間国宝になった人は、国か何かが裕福な生活を保障してあげて、その作品を無料で世の中に提供するしくみがあればいいのにと思いました。 無闇に値段が上がってしまうよりどんどん作品を世に送り出してもらって、みんなが作品を楽しむ。 作る人も、みんなに喜んでもらったら人生違ってくるんじゃ。 なんか、 […]