CATEGORY

戦略について学ぼう

戦略について学びたい方はこちらのタグでどうぞ。

社員のエンゲージメントについての考察。

昔から経営者さんたちは「もっとお客さんのことを考えて仕事してほしい」「経営の視点を持ってほしい」「普通は、もっとこう考えますよね?」という言葉を使って、スタッフの成長を願ってきました。もっと考えてほしい、自分ごととして仕事にとりくんでほしい、と。 そういう願いを、今は「エンゲージメント」といいます。ひらたくいえば、仕事に一生懸命とりくんでいる社員は、手を抜いたり適当さが目立つ社員と何が違うのかを分析したものです。すこし「うちの社員は・・・」という視点と違う […]

ソリューション営業の、罠!?遂行される戦略とは?

昔からある営業改革のコンセプトに「ソリューション・セールスへの変革」があります(言い方は、「コンサルティング営業」「トータル・ソリューション」などさまざまです)。 システム開発が変わりやすいかもしれませんが、1つ1つのシステム/製品を販売するのではなくて、お客さんの経営課題を解決するような提案をする。より大きく総合的な提案をします。ただ最近は、「ソリューション・セールス」に移行するのは難しいといわれています。 少し前に日立が、ソリューション・セールス的な営 […]

ビジネスを通じて、価値観を形にする。〈ミナ・ペルホネンを題材に考える〉

コンサルティングをする中で、僕はクライアントさんに「あなたのその価値観を、ビジネスの中で形にいきましょう」と伝えるようにしています。魅力的なビジネスはいつでも、特別なとりくみをしているものです。 特別な取り組みはいつでも、そのビジネスに関わる誰かが、「こうしたら、もっとおもしろいビジネスになる」と信じて始めたことがあるから。 ▽▽▽▽▽▽ たとえば、デザイナーの皆川明さんのブランド「ミナ・ペルホネン」。アパレルブランドですから素敵な洋服をデザインして販売し […]

スシローの成功に見る、ビジネスの土台から考える大切さ。

先日、人生で初めてスシローに行ってきました。いわゆる「普通のお寿司」の他に、「揚げ物の握り」や「ハンバーグの握り」、「ラーメン」や「スィーツ」があって、家族みんなで楽しみました。帰る時にずいぶん人が待っていたので、待ち時間を見てみたら70分待ちです(!)。70分も待つなんて、僕の人生ではディズニーランドでしかないことなので、とても驚きました。なんて集客力。なんて魅力! スシロー自身の努力はさることながら、「回転寿司」という形態が、実はいま、最も集客力がある […]

協会ビジネスで成功するためには?失敗を避けるためには?

僕がコンサルティングを請け負うのは、「一般的なビジネス」多いのですが、すこし特殊な「協会ビジネス」のコンサルティングも、多く依頼をいただきます。それは、2008年ごろ、協会ビジネスを日本に広げた立役者・前田出(まえだ いずる)さんから依頼を受け、「協会ビジネスを日本中に広げるためのビジネス」の立ち上げに関わったからでしょう。 ーーーーーーーーーーーー 協会ビジネスは、「認定資格」を発行するビジネスモデルです。 例えば、「新聞スクラップを上手にする方法」を教 […]